協同組合オリセン 「和晒・注染・捺染・整理」一連の、浴衣・手ぬぐい・織物染色に携わる“なにわの職人”達

製品の紹介

協同組合オリセンでは注染、捺染の技法を使い、手拭、ゆかた、ふきん等の製品を取り扱っております。

真っ白に漂白された晒は、祭りの時に半纏の下や締め込みとして巻く、好きな大きさに切り分けふきんとして使う、縫い合わせて肌襦袢とするなど、使用方法は多岐にわたります。

注染、捺染の技法で色鮮やかに染色された生地は、手拭や着物に使われます。
注染で染められた生地は裏表同じように柄が出ているのが特長で、捺染で染められた生地は細かな柄を得意としています。
好みに合わせこだわりの浴衣、手拭をお作りいただけます。

工程の紹介