協同組合オリセン 「和晒・注染・捺染・整理」一連の、浴衣・手ぬぐい・織物染色に携わる“なにわの職人”達

※社名は五十音順です。
宮本整理工場

宮本整理工場

代表

宮本 鉄男

〒 599-8266
堺市中区毛穴町325-1
電話:072-271-1291
FAX:072-271-1291

主な取り扱い品

「手拭整理加工」

お仕事は?と訊かれ「日本手拭の整理です」と答える。決まって染色ですか、と返ってくる。
いえいえ整理です。生地から様々な工程を経てそれはそれは美しい手拭が出来上がります。この段階では長い反物のままで、シワもあり商品としては完璧ではありません。
そこで、宮本整理工場の登場です。長年、整理の腕を磨いてきたおばちゃん達と宮本整理工場の二代目の腕の見せ所です。なが~い状態の手拭いを「たいこ」と呼ばれる巨大な巻物状にし、それを「のし」という二人一組の作業(写真)で手拭一枚の長さに畳んでゆきます。
これを一枚づつハサミを使い手作業で「カット」し、その後、「ロール」でシワをのばします。ここで初めて商品の姿になります。これらの仕事をおばちゃん達は涼しい顔をしてこなしていきます。が!これがとんでもなく難しい仕事なのです。
まさに、職人技。一人でも多くの方々に日本手拭の良さを知って頂き、この業界が発展しますように。
そして宮本整理工場と凄腕仕事人のおばちゃん達の存在を知っていただけますように‐‐‐‐‐‐